任天堂スーパーマリオ

テレビゲームの歴史を紐解いてみよう

ゲームと言うと多くの人は暇つぶしを連想することが多いかもしれません。

今やゲームは身近な存在です。子供たちはおろか大人までスマートフォンや携帯ゲーム機を手にして各々の時間をゲームへと注ぎ込んでいます。ゲームは身近で手軽な時間を潰す存在として、昨今では多くの人に認知されるようになりましたが、それこそテレビゲームしか無かったような時代ではそうではなかったのではないでしょうか。

famicom

テレビゲームというと、ファミコンと連想する方は多いかもしれません。
ファミコン、いわゆるファミリーコンピュータからゲームの歴史は花開いたと言っても過言ではないでしょう。ファミリーコンピュータはテレビにつないで遊ぶゲームです。当然遊ぶ場所は自分の家、向き合うのは自分の操作するキャラクターのみ。そこに対戦要素が絡んでくると白熱しますが、初期のテレビゲームは基本一人で遊ぶものを想定した作品が多いのです。

ゲームボーイ

ゲームの技術が進歩し様々なハードが登場するにつれ、多人数を想定したものが増えてくるころ、携帯ゲーム機も誕生しました。ゲームが持ち歩けるようになった時の衝撃は、言葉に出来るようなものではありません。町の公園でゲームをする、ある意味不健康な子供の姿が多く見られるようになっても、まだこの頃はテレビゲームは健在でした。友達の家に行くと決まって誰かがゲームしようと言い出し、テレビの前に子供達が群がる。もはや自然減少と言っても過言ではありませんでした。

ゲームの進化は目覚ましいものがあり、今もなお新しいハードが出続ける一方である懸念が示されています。それは、据え置き機…テレビゲームの衰退です。ゲームの進化は喜ばしいことですが、進化と共にゲームのスタイルは年々変化の道を辿っています。

人々の間では、ゲームはのめり込むものから気が付いた時にやるものへと認識の変化が起こっています。スマートフォンや携帯ゲームでも、ハイクオリティなゲームが遊べるようになり、わざわざテレビを起動する必要があるテレビゲームから、子供の心が離れて行っているのです。ゲーム会社はそれを防ごうと、日々魅力的な作品を出し続けていますが、皮肉なことに技術の進化が子供達の心変わりを誘ってしまっているのではないでしょうか。

それでも世界でテレビゲームが売れ続けるのは、其れを求める人々がいるからに他なりません。このまま技術が進歩し続ければ、テレビゲームは娯楽を超えた存在になれるかもしれません。

裏技、攻略をまとめた大技林という雑誌

daigirin98

大技林とは元々ファミリーコンピュータMagazineと呼ばれる雑誌のひとつのコーナーである、裏技や隠しコマンドを掲載したウル技の内容をまとめたものを別冊の付録としたものでした。
ファミコンソフトの多くに隠し要素であったり、制作側の遊び心が入っていてそれを当時の読者が発見したものを投稿しそれが雑誌に掲載されるというものだったのです。

そして、次第にゲームの数も増え投稿される数も増えて来たところ、別冊の付録という形では追いつかなくなり単体の形で発売されるようになったのが大技林と呼ばれるものです。
大技林は国語辞典の大辞林をパロディとしたものであり、更にその後は広技苑と呼ばれる名前のものも発行される様になりました。

大技林は元々、裏技や隠しコマンドを掲載した別冊の付録でしたがそれを一つにまとめたものとして発刊されるようになってから、裏技や隠しコマンドが存在しないあるいは見つかっていないゲームの簡単な概要も掲載されるようになり、ゲームカタログとしての役割も果たすようになりました。
そして、簡単な概要の他に当時ファミリーコンピュータMagazineの読者の投票によってつけられた、点数評価も記載されるようになったのです。

大技林には数多くのゲームが掲載されていましたが、紙面の関係上正式名称で掲載されているものばかりとは限らず、タイトルが長いものはサブタイトルが省略されてしまったものであったり、続編などによってゲーム性が大きく変わってしまったもの等の場合、逆にサブタイトルのみとなっていて知りたいゲームの情報を探してみたら見つからなかったといったことや、全然別のゲームだと思っていたものが知っているゲームの続編であったということもよくある雑誌でした。

それでも当時は今と違ってインターネットなどが普及していない時代であったため、このようなゲームカタログ的な要素を持った書籍というのは非常に貴重なものであり、所有していないゲームの情報を知るために役立つものでもあったのです。
ゲームソフトのデータというのはファミコンソフトが中心でしたがその後新しいゲーム機が登場するごとに、それらのゲームソフトの裏技や隠しコマンドなども掲載されるようになり大技林の中身というのは更に密度の濃いものとなっていきました。

このように大技林という雑誌は今のように情報が溢れている時代とは違う時代にとって、ゲームが好きな人達が情報を収集する元として非常に活躍した雑誌だったのです。

ゲームの攻略法が初めて出されたのは?

ゲームの攻略法が初めて出されたのは?

ゲームの攻略法が初めて出されたのは?

ゲームの歴史は非常に古く、日本国内、国外、パソコン、コンシューマーなど種類も多岐にわたります。

ここではパソコンを含むコンピューターゲームに限定しての話となりますが、海外で1960年代から1970年代のコンピューター上で動作するアドベンチャーゲームなどは、当時のコンピューター性能の低さもあって、今みると非常に貧弱なものでした。

白黒の絵が表示されればそれだけでも豪華で、多くは現在の状況を文章で表示し、プレイヤーが行動を英単語で入力することで進行していました。これらのシステムは後に日本でも採用され、キーボードから「イドウ キタ」と入力して北へ移動するなどコマンド選択が当たり前の今では考えられないようなものでした。受け付ける単語も曖昧でとにかく理不尽でしたが当時のゲーマーは夢中でプレイしました。

その頃に個人で、あるいはサークルなどでメモ書きをまとめたものが攻略法を出すことの原点といえるかもしれません。日本国内で最初に出版社から出された攻略本としては、1979年のインベーダーゲームの攻略本が最初とされています。その後は家庭用ゲーム機の普及で攻略本が沢山の出版社から出されるようになりました。

ツムツムの攻略法

ツムツムの攻略法

ツムツムの攻略法

可愛らしいキャラクターのパズルゲーム「ツムツム」ですが、「アイテムを使って高得点は狙えるけどコインが無い」という方は、ちょっとしたポイントを押さえることにより高得点が狙えます。

『プレイヤーレベルを上げる』ことで、ゲーム終了時の加算ボーナスが増えます。

『マイツムのスキルレベルを上げる』ことで、スキルが強力になり消せるツムが増えたりします。プレミアムBOXのツムは強力なスキルを持っているので、高得点が狙いやすいです。

『マイツム以外のレベルも上げる』ことで、消したツムの得点がアップします。

『チェーンを長く繋ぐ』ことによるチェーンボーナスを狙います。

メリットがたくさんあるフィーバータイムは1回でも多くこなすことが重要です。フィーバータイム中にスキルを使うことで得点3倍ボーナスを得られます。また、ボムはフィーバータイム中に使わず通常時に温存することも重要です。

プレイする際に以上の点を実行していけば、得点は伸びてくるはずです。

オセロゲームの攻略法

オセロゲームの攻略法

オセロゲームの攻略法

オセロゲームの攻略法は隅をとることです。これが出来ればほぼこのゲームは攻略できます。オセロでは四つの隅がありますが、この隅は取ることが出来ればひっくりかえされることがない無敵のポジションです。そのためにすることは、隅の一つとなりのマスには置かないようにすることです。これを置いていまうとかなり不利となってしまいます。

ただ、このようなことはオセロを少しでもやったことのある人であれば、ほとんどの人が分かっています。ですから、これに加えて必要なのは、序盤で出来るだけ相手のこまをひっくり返さないようにすることです。というのは、相手のこまが多いほど中盤で自分の取りたいポジションをとれる可能性が大きくなるからです。オセロでは相手のこまの隣にしか自分のこまを置くことはできませんから、このことはとても大切なことになります。

オセロというゲームは相手のコマをひっくり返すものというよりは陣取り合戦のようなものだと考えるとわかりやすいでしょう。

クレーンゲームの攻略法

クレーンゲームの攻略法

クレーンゲームの攻略法

クレーンゲームの攻略法はとろうとするものの形をよく見ることと、場所を考えることです。とくに大きなものをとりたいというときには、このことはとても重要なことになります。

クレーンゲームという名前でクレーンとなっていますが、持ち上げて物を運ぶというよりは、クレーンの先っぽに引っ掛けて運んだり、クレーンで押して穴に入れるようなものだと考えるといいでしょう。

クレーンの腕はほとんどのものが二本の腕でつかむようなスタイルとなっていますが、つかむ力というのはとても弱いものになっています。これは、演出といった効果もあるのでこうなっているわけです。持ち上がりそうで持ち上がらないといったことで、ドキドキ感を演出しているということです。

クレーンゲームではクレーンをどのように使うかを試されているわけです。普通に持ち上げて運ぶというのは、なかなかうまくいかないようになっています。ですが、ひっかけたりすることが出来れば攻略できるのです。

喜ばれる還暦祝い

上司の還暦祝いに送りたいプレゼント5選

満60才になると国内では還暦祝いを行う習慣があります。古くから赤いちゃんちゃんこなどを用意してお祝いを行うことがメインとされてきましたが、職場の上司などが還暦を迎えた場合では、そのプレゼントとして送りたいアイテムの数々が考えられます。

還暦祝いの名入れ酒

具体的には男性の上司であれば、お酒などをプレゼントする方法があり、女性ならばプリザーブドフラワーなども高い人気を誇っています。

還暦祝いのポエム

還暦祝いの場合では、特別な想いを届けることも良いほうほうになり、他には名入れ商品などをプレゼントする方法もあります。グラスやコップなどは代表的なアイテムですが、上司の名前を使ったポエムなどを額縁に入れてプレゼントする方法もあります。特殊なものではフィギュアや似顔絵に代表されるようなものもあり、本人の写真などを提供することによって、プロの専門ショップで購入できます。

非常に数多くのプレゼントを利用できますが、上司の趣味や趣向などを反映させることも大切な要素です。